previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

The Back Pack


#002

SPEC.

size:50L+/70L+
Weight: 50L+ = 1450g / 70L+ = 1650g
Dimention:
50L+ = W300 D210 H590(mm)
70L+ = W350 D220 H630(mm)

「頂に立ち、麓に帰る。
     唯、そのために作られたバックパック。」


The Back Pack #002は、バーティカルな世界にその身を置くクライマーたちのフィードバックを元に開発されました。
リッド(雨蓋)+単気室という、道具として「背蓑」の原点に立ち返ったシンプル極めるこのバッグは、軽量且つ堅牢、
使い勝手の良いメイン・バックパックとして、里山からヒマラヤまで、頂を目指す全ての登山者のために設計されています。

単なるライト&ファストではない、実戦性を突き詰めた結果としての「ミニマル」であること。
野生動物の如く無駄のないThe Back Pack #002のデザイン構成は、冷静な足取りで攀り、そして下りきることを
徹底的に突き詰め、練り上げられました。軽量且つ綿に対する強度が高いX-Pacと、全方位的な耐久性に優れた
BEATTEXのコンビネーションで構成されたこのバッグは、厳しい山行に耐えるための堅牢性と対候性、そして使用者の
身体パフォーマンスを妨げないための軽量化を高次元なバランスで実現しました。

「極めてシンプル。それこそが要の機能。」

単気室のボディーに、3点固定の完全分離可能なリッド(雨蓋)。バックパックとしてこれ以上ないシンプルさは、過酷な状況
になるほど活きる、堅牢かつ直感的な使用感に優れた仕様です。ボディー全面には、重量と強度のバランスが良いX-PACを、
ボトム部とストラップ各所には岩等への擦れに配慮し、 摩擦耐性の高いBEATTEXを使用しています。

「経験から生み出された機能美。」

 

リッド(雨蓋)は、チムニーやプッシュ等、引っかかり狭い場所での行動に配慮したコンパクトなシェイプながら、リッドポ
ケットには工夫した形状のマチを付けることで十分な容量を確保。内側には地図やマージェンシーパック等を収納可能なイン
ナーポケットを装着しています。また、水平/垂直方向に入る3本のスパイン(補強材)は、オリジナル開発のアルミニウム・
バーを採用。U字状断面と最適化された硬度により、ストレート状でも、また、自身の背中にフィットするようにRを付けての
使用も可能です。

「奇は衒わない。ひたすら実直な使い心地を。」

 

ショルダーハーネス部は、シンプルながらも吟味を尽くしたサイジングとスタビライザー機能により、幅広い体格に適合し、
どのようなウェアレイヤードでも快適に使える汎用性の高い設計です。また、脱着が可能なウエストベルトは、重量物運搬を
考慮し、使用者の体に対して前にベルトを引くことで閉まる方式を採用。左右に装備されたギアラックは、一般的なアイスア
ックスを一時的にホールドできるサイズ*になっています。
(*脱落防止の為、必ずビレーを施した上でご使用ください。またハンマー/パイルには対応しません。)

「使用者の必要性に答える拡張性。」

 

The Back Pack #002には、バッグフロント部に通常用意されるアイスアックス・ホルダーを敢えて標準装備していません。
これは、閉所や狭い場所での引っかかりに配慮した設計思想によるものです。その代り、計6点に設けられたループ状の
ハードポイントに、細引きやバンジーコードをご自身の装備と用途に適合した形でタイオフして頂く事により、ご自身の
装備や状況に合わせた機能拡張が可能な設計になっています。また、リッド固定ストラップの根元部分は2重になっており、
アイスアックスのブレードを簡易的にガードする機能を設けることで、意図しない怪我や引っ掛かりを軽減します。
4本の再度コンプレッションストラップは、スリーピングマット、テント、三脚等の外付け運搬に配慮し、全てに
クイックリリース・バックルを採用。ナイロンテープも余裕を持った長さに設定されています。

Page Top